コロナでの制限が緩和される中・・・「でも家族葬」

世の中がコロナ禍で多くの制限がなされる中、みなさんもご存知のとおり、お葬式も規模そのものを縮小した「家族葬」や「直葬」といったお別れのカタチが主流となりました。

今、コロナでの制限が緩和される中、お葬式の規模も徐々にご会葬者をお迎えするようになり、規模も大きく・・・とはならないようです。

というのも、コロナ禍が追い風にはなったものの、そもそもコロナ禍のずっと前から、お葬式は「家族葬」をはじめとする小規模化の流れでした。今回のコロナ禍は「家族葬」で送るつもりではなかった方々が「家族葬」を経験する機会となりました。

弊社における雰囲気だけではありますが、「家族葬の方がいい」と今後も家族葬を選ばれる方が増え続けるのだろうと感じています。

私たちは「家族葬は、一般的なお葬式の規模が小さくなっただけのお葬式ではありません。ご家族の時間やお気持ちを大切にした、家族葬ならではの価値のあるお葬式」だとお伝えしています。

もっともっと「ご相談いただく方のために」頑張ります・

「まちの小さなお葬式」白香苑 長郷国久

少しずつ上がってきています。「葬儀費用」

インターネットの葬儀仲介業者の出現で大きく変わった葬儀費用。

「小さなお葬式」さんをはじめとする葬儀仲介業者のシステムにも歪があるようで徐々に仲介手数料の値上げや葬儀費用自体の値上げが見られます。

昔ほどの高額にはならないでしょうが、とことんまで値崩れした葬儀費用は少し調整されると思われます。実際、原材料の高騰や輸入商品の品不足から、値崩れした葬儀費用に原価が上がり収益がひっ迫するという現状です。

小規模の葬儀に特化し、かつ社員数が少ない弊社などはまだどうにか値上げせず頑張りますが、それもいつまで頑張れるかはわかりません。

多くの葬儀社は、値上げを宣言するのは営業上怖くてできませんので、きっと消費者にとって分かりずらいカタチで「実質値上げ」というホントによくわからない、不明朗な業界とまた言われそうなことをするのでは・・・と危機感を感じています。

事前のご相談と事前のお見積り取得。本当に大事です!

家族葬が増えていく中で

私が弊社「白香苑」を「まちの小さなお葬式」白香苑として家族葬専門葬儀社に生まれ変わらせたのが2006年の秋でした。

その思いは「小さなお葬式」をお葬式の規模が小さくなったものとする、言わば「安いお葬式」という葬儀社の価値観から「大切な人をあたたかく家族で送りたい」というお客様に対し規模ではなく家族葬ならではの価値観で心のこもったサービスをご提供したい。そのためには規模の小さなお葬式に特化しないと、当時の普通規模のお葬式をしながら家族葬をお受けすると、スタッフにとってはどうしても「規模の小さな普通のお葬式」になってしまう。

そんな思いや葛藤を経て「まちの小さなお葬式」はスタートしました。

あれから15年以上が経過し周りを見ると様々なカタチで「家族葬」が提供され、この久留米においても最もスタンダードなお葬式のスタイルになりました。

今更ながら重く受け止めています。私が最初に志した「家族で送ることの価値観」。普通のお葬式の延長線上で「ただ規模が小さなお葬式」ではいけないなと・・・

今後も続き定着していく「家族葬」をはじめとする極小規模の葬送。
もっともっとアンテナを張って、カタチにとらわれずあなた様のお考えやお気持ちを私たちが葬送のカタチに創り上げていきたいと心新たにしています。

「利は義の和なり」

「利は義の和なり」私が大切にしている言葉で、葬儀社をやっていく上で「経営理念」としている言葉でもあります。

中国古典の「春秋左氏伝」からの言葉らしいのですが、私は安岡正篤先生の本で知りました。

葬儀社の仕事を商売(商い)としての側面だけで利潤を求めることに重きを置くことは私にはできません。お一人おひとり違う環境のお客様に対し、この小さな葬儀社の私たちがどんな形でお役に立てるのかいつも真剣に考え取り組んでいます。

義をしっかりと尽くしていきたいと考えています。

だからこそ、一つひとつのご家族がそれぞれに持つ、お考えやご心配に対し、しっかりとお話を聞いて、柔軟に対応できる「小さな葬儀社」です。

今はそれぞれのご家族によって違う「お葬式に思う負担」を軽減すべく、「負担の少ないお葬式」を提唱しています。

しばらくさぼっていましたが、これから少しずつ情報発信をしていこうと思います。

お葬式のことでご心配があるとき、あなた様が知りたいことや、望むものを一番お伝えできる葬儀社です。いつでもご相談下さい。

株式会社 白香苑 代表取締役 長郷 国久

「まちの小さなお葬式」白香苑のHPはこちら