コロナでの制限が緩和される中・・・「でも家族葬」

世の中がコロナ禍で多くの制限がなされる中、みなさんもご存知のとおり、お葬式も規模そのものを縮小した「家族葬」や「直葬」といったお別れのカタチが主流となりました。

今、コロナでの制限が緩和される中、お葬式の規模も徐々にご会葬者をお迎えするようになり、規模も大きく・・・とはならないようです。

というのも、コロナ禍が追い風にはなったものの、そもそもコロナ禍のずっと前から、お葬式は「家族葬」をはじめとする小規模化の流れでした。今回のコロナ禍は「家族葬」で送るつもりではなかった方々が「家族葬」を経験する機会となりました。

弊社における雰囲気だけではありますが、「家族葬の方がいい」と今後も家族葬を選ばれる方が増え続けるのだろうと感じています。

私たちは「家族葬は、一般的なお葬式の規模が小さくなっただけのお葬式ではありません。ご家族の時間やお気持ちを大切にした、家族葬ならではの価値のあるお葬式」だとお伝えしています。

もっともっと「ご相談いただく方のために」頑張ります・

「まちの小さなお葬式」白香苑 長郷国久

PageTop