天気と思い出

暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ここ数日絶好のお洗濯日和ですが、久留米もまた明日からしばらく雨のようですね(^-^;)

お天気関係といえば、皆様、涙雨というものはご存じですか?
涙のような悲しみの雨、または悲しみに同情したように降る雨、などと言われています。

雨の日にご葬儀されたご遺族様で「よく降るわ~きっと涙雨ね」と話してらっしゃることもありました。
それとは逆に、通夜葬儀中は雨が降っていたのに出棺の際にはきれいに上がることもありったり...
「きっとおじいちゃんが私たちば濡れんごとしてくれたとやね」とお孫さんが話されていたのも印象的でした。

以前「お参りや法要はもちろん、なにより故人様を思い出すことが一番の供養になる」と聞いたことがあります。
こんなふうに
あの時の天気はこうだったね、ああだったね、と故人様のことを思い出すひとつのきっかけとなるのも
素敵なことかもしれませんね。

PageTop