2019年8月28日

よくあるご質問

よくお聞きするご質問をいくつかご紹介いたします。
Q 深夜や明け方に亡くなったらどうすればいいですか?
A 24時間いつでもお電話ください。必要なお時間に対応いたします。
24時間年中無休をどの葬儀社でも掲げているので葬儀社側から見ると当たり前なのですが、お客様から見ると深夜や明け方の電話はご不安のようです。本当に何時でも対応いたしますし、ご心配事のご相談も深夜でも対応しております。

Q 葬儀代はいつお支払いすればいいですか?

A 特にいつまでというのはありませんが1か月以内にお支払いいただけると助かります。
実際には1週間程度でお支払いいただける場合が多いですが、弊社ではお客様のご事情により柔軟に対応しております。状況により複数回に分けてのお支払いにも対応しております。

様々なご質問を頂戴します。
またご紹介いたします。

「まちの小さなお葬式」白香苑のよくあるご質問ページはこちら

2019年8月24日

お葬式は「総額」でお考え下さい。

葬儀社の広告で「式場利用料無料」や、とても安い価格表示がされています。

更には「入会金1万円で祭壇半額や最大15万円割安に」などいかにもお得感満載のコピーを見かけます。事実なのでしょうか?

きっと事実です。ただ、定価の無いこの葬儀業界において、30万円で提供されるA社の祭壇がB社では15万円であることはよくお聞きします。

祭壇の規模やご返礼品の数なども含め、あなた様にとって必要な規模の葬儀が、最終的にいくらなのかを知ることが重要です。

葬儀社にお見積りを依頼される際に選んだプランでお葬式をお願いした場合「最終的にいくらぐらいになるのか?」をお尋ねください。

「まちの小さなお葬式」白香苑には総額がわかりやすい「追加料金不要プラン」もございます。一度ご覧ください→公式ホームページはこちら

2019年8月18日

生活保護の方のお葬式

生活保護を受給されている方がお亡くなりになられたとき、久留米市の場合、約20万円の葬祭扶助費が支給されます。(*遺留金等により変動はあります)

本来、その支給される葬祭扶助費内ですべてを終わらせなければなりません。
葬儀社によっては追加料金が発生する場合もあるようですので、ご依頼前にしっかりとご確認されてください。もちろん弊社は追加料金は一切いただきません。

生活保護に関わる方がお葬式のご相談をされる際にご心配されることとそのお答えを書いてみました。(*弊社独自の対応です)

Q 葬儀費用はいくらかかるの?
A 久留米市から支給される葬祭扶助費内で対応致しますので自己負担はありません。

Q 深夜に亡くなった場合などの夜間料金とかは?
A それも追加費用としていただききません。

Q 自宅に帰れないのですが、斎場を利用した場合の費用は?
A それも追加費用としていただきません。自己負担は0円です。

Q 生活保護を受けていると知られたくないのですが?
A 手続きの際、死亡届の届出人になられる方は当然知りえますが、お見えいただく方々には一切わかりません。

他にも様々なご相談がございます。
もしご不安をやご心配に思うことがございましたら、いつでも安心してご相談下さい。
フリーダイヤル0120ー38-6997(秘密厳守)

公式ホームページはこちら 生活保護の方に関するプランは、トップページの様々なプランのところからお入りいただき「あんしんプラン」をご覧ください。

2019年8月13日

1日葬をメリット・デメリットで考えてみました。

1日葬という言葉をお聞きしたことございませんか?
昨日も福岡のローカル局の情報番組で取り上げられていました。

1日葬とは、簡単に言うと通夜をせずに葬儀だけを行うお葬式のカタチです。

通夜をしないメリットとは何でしょう?
*まずは何といってもご遺族の負担軽減です。特に喪主様の負担はお葬式の時だけご会葬者の対応を考えればいいのでかなり軽減されます。

*次に時間的にかなり余裕ができます。お通夜がなければバタバタと準備していたものがゆっくりとできます。

*費用的な負担が軽減されます。ただし「直葬」などと違い、通夜の式典をしないだけなので極端に大きな費用軽減ではありません。

では考えられるデメリットは
*デメリットというのとは少し違うかもしれませんが、お通夜をしないと告知はしても、お葬式の告知も同時にするため、お通夜の日に全くお見えになる方がいないかというと、若干お見えになることが多いです。

*死亡の通知とお葬式の案内をして、お通夜をしないことをお伝えするのにご苦労される方がいらっしゃるようです。

テレビでは1日葬や直葬があたかも時代の流れのように取りだたされていましたが、メディアで流される情報が全てではありません。やはりデフォルメされたり誤解を与える表現が少なくありません。

いつでもご相談下さい。

「まちの小さなお葬式」白香苑 0120-38-6997

公式ホームページはこちら

2019年8月11日

直葬について

直葬という言葉を最近聞かれる方も多いと思います。

具体的にはどんなお葬式なのか?
最終的に費用はどのぐらいかかるのか?
こんなお話をさせていただきます。

まず内容は
お通夜やお葬式はしないことが基本となります。
ご不幸が起こったら病院などからご安置場所へ移動します。
ご安置場所でご納棺後ご遺体の保存処置(冷却等)をします。
このまま火葬が可能になる時間までご安置し火葬場へ向かい火葬してすべてが終わるという内容です。

*火葬は死亡時刻から24時間経過した後の9時30分から15時です(久留米市)
*ご安置場所はご自宅でも斎場でも可能です。
*斎場ご安置の場合、基本的には弊社でのお預かりとなります。ご宿泊をされ故人様と過ごされる場合は別のプランとなります。

ご費用は15万円~18万円(税込)ぐらいです。
【費用が変動する要因】
・斎場利用 ・病院などへのお迎え時間(深夜割増など)・病院などへのお迎えの距離
・火葬場の空き状況や死亡時刻により斎場利用日数が1泊2日以上になる場合など

ご費用面や内容につきましてもご希望に添えるように努力いたします。
何でもご遠慮なくお話しください。

公式ホームページはこちら

2019年8月10日

さて、家族葬のデメリットとは・・・

前回に引き続き家族葬のお話しです。

家族葬を行って困った実例を上げてみます。

・家族葬を終えた後で次々と自宅へお参りに見えられた。

これが一番お聞きするお話しです。
もしかしたらこの方は家族葬をしない方がよかった方かもしれません。

しかし、このような関係の広い方でも、亡くなられた時の通知や、葬儀後の通知をしっかりと考えて行えばこのような事態は回避できます。そこは葬儀社の腕の見せ所です。

ご家族が本当に自分たちだけで温かく送りたいと願ったとき、家族葬にデメリットはないように感じます。

「まちの小さなお葬式」白香苑のHPはコチラ

2019年8月 5日

家族葬のいいところってなに?

お客様からお聞きするお話です。
家族葬で良かったと思われるのは・・・

①来客を気にせず故人と家族だけでゆっくり過ごせたお通夜

②費用面が安くて助かった

③連絡とかをしなくていいし、だれも知らない人が来ないので、亡くなってから火葬まで何も慌てるっことがなかった

次回は家族葬で困ったことを・・・

「まちの小さなお葬式」白香苑の家族葬