お葬式のための保険

白香苑では現在
石田純一さんのCMでおなじみのメモリード・ライフの葬儀保険を取り扱っております。

●家族にお葬式費用の負担をかけたくない
●高年齢のため加入できる保険がない
医師の診察を受けるのは面倒
●病気で保険の加入を断られた
●保険料はできるだけ抑えたい
などの方に選ばれております。

また安心の3つのポイントがございます。
①死亡保険金は自由に使えます。
既に葬儀社が決まっていてもお申込でき、ご利用する葬儀社に決まりはないため、ご自由に葬儀社を選ぶことができます。

②死亡保険金100%翌営業日にお振込み。
お亡くなりになられた後の故人様の口座凍結による現金不足を解消できます。
※保険金クイック支払いサービスが適応された場合に限ります。

満89歳までお申し込みが可能です。
医師による診察や診断書は不要でお申込できます。


詳しいお支払い額をお知りになりたい方はコチラ↓
性別とご年齢、ご希望の保険額を入力するだけで簡単にお見積りができます。
https://memoleadlife.co.jp/trial/base_input.php
メモリード・ライフのHPへ飛びます。

保険の詳しい詳細やご加入についてのお問い合わせは
フリーダイヤル 0120-38-6997 にてお電話ください。

■取扱代理店:株式会社白香苑
■引受保険会社:メモリード・ライフ関東財務局長
(少額短期保険)第18号(承認:MLAD1907-21)

paypayご利用いただけます。

葬儀屋でpaypayなんて・・・と思っていました。

しかし、paypayの方が説明にお見えになり、よくよくお聞きすると、弊社の葬儀価格帯は十分paypayでのお支払いが可能でした。クレジットカード支払いの方で25万円。口座引き落としの方で50万円まで可能とのこと。

他にもご供花や香典返しなど様々なお支払いにご利用でき、現金でのお支払いでは付かないポイントまで付与されるとの事・・・

どうぞご利用ください。

「まちの小さなお葬式」白香苑のホームページはこちら

すっごい立派な祭壇での家族葬・・・

近年主流となったご家族でのお別れ「家族葬」

そんな家族葬でも亡くなった方への思いから、とても豪華な祭壇をご依頼される方もいらっしゃいます。

ただ、比較的ご共感いただけることに「送る人の負担が少ないお別れをしませんか?」と祭壇をはじめご費用の負担が大きくかかるところを見直すことをご提案しています。

1001ura.png

詳しくはホームページをご覧ください。 「まちの小さなお葬式」白香苑HP
実際のご請求内容も公開しています。

ご心配のひとつが「ご葬儀に関すること」というあなた様へ

今月からお届けさせていただいている弊社のチラシです。
1001omote.png
1001ura.png
弊社でご葬儀される多くの方は、事前にご相談に来られる方が過半数です。
ですが、「お葬式の相談なんて縁起でもない...」と思われている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

チラシを拝見された方からのお問合せも多々いただいております。
この記事を見られ、少しでもお葬式について気になる点などございましたら、
ぜひ一度ご相談下さい。些細なご相談でも親身に対応致します。
(ご相談いただいた内容は秘密厳守致します。)

今日は互助会をお持ちの方からのご相談でした。

今日、こんなご相談がありました。

「母が30万円満期の互助会を持っているんですが、なんか互助会を使わないほうがいいよと友達に言われたので聞きに来ました」

お話をお聞きすると、ご家族だけの5人でお送りしようとお考えでした。

結論は使わない方が圧倒的にお得でした。

この方が望まれるシンプルなお葬式で、弊社でのお見積りが飲食費なども含んだ総額で25万円弱でした。

30万円の互助会の場合、30万円のプランから飲食費や返礼品。斎場利用料などが加算されていくので総額は40万円を軽く超えることになります。

ご提案として30万円の互助会を解約されると最低24万円は返金されます。
(この2割の手数料も裁判になっていて全額返金の判例も出ていますが、今のところ2割程度の解約手数料は取られるようです)

解約手数料を取られても、弊社をご利用いただくと手出しがほとんどないことに驚かれていました。

細かいことをお伝えすると、さらに長文になってしましますのでこのぐらいにしますが、家族葬をはじめとする小さなお葬式をご希望のほとんどの方が同様の結果になられると思います。

「まちの小さなお葬式」白香苑のホームページはこちら

自宅葬のいま・・・

ご自宅でのお葬式。
とても大変なイメージありませんか?

昔は、部屋の半分以上の場所をとる大きな祭壇に、表には白黒幕やテントに案内看板。さらに、受付にご近所の人が来て、あっちにお礼、こっちにお詫びと、本当に大変でした。

だから斎場でのお葬式が主流になりました。

しかし、最近ご自宅でのお別れが見直され増えてきています。

これは、「ご自宅での家族葬」ということで、小さなお飾りまた何も飾らず、表にも何もせず、お葬式があってるように見えない、普段の生活の中、ご家族だけで送り出すお別れを一部の葬儀社がご提案しているからです。

私たちも「おうちでお別れ」と「葬送プラン」の2つでご自宅でのシンプルであたたかいお別れをご提案しています。

もしそんなお別れが少しでも気になられましたら
お時間を気にされずに今すぐ→0120-38-6997まで

または公式HPをご覧ください。お問合せフォームもございます。
「まちの小さなお葬式」白香苑ホームページ

「世界一の超高齢社会」

先日テレビを見ていたら日本のが世界一の超高齢社会であることについて話していました。そこを葬儀社目線で考えてみました。

私が葬儀社で働き始めたのは平成5年の秋でした。
当時はこう言われていました、
「お葬式を出すのは、一つのご家庭から10年に1度あるかないか・・・」
さらに当時は「お葬式は盛大な方がよい」という価値観が主流でした。ですからお葬式にはお金をかける方が非常に多い時代でした。

日本はいま、世界一の超高齢社会。

一年に複数回のお葬式を出すご家庭も少なくありません。
さらに、葬儀を告知し盛大に行うようなことが減り「心から偲べる家族を中心としたお別れ」が主流となりました。

ですからご費用の考え方も内容も大きく変化しています。

「互助会に入ってるから大丈夫」や「近所にあるからそこで」などと決めつけずに一度事前のご相談をされてみてください。

互助会の解約金でおつりが来たり、車で10分長く走るだけで30万円も安くあげれたり・・・よく聞くお話しです。

事前のご相談の前にご覧ください→「まちの小さなお葬式」白香苑HP

祭壇のお花について

祭壇に飾られるお花と言えば・・・

「菊」

というイメージが強いのではないでしょうか?

菊はとても美しい花だと思います。
ただ、亡くなられた大切な人がお好きだった花は「菊」ですか?
故人を偲ぶときに送りたいお花は「菊」ですか?

私たちはできる限り故人様がお好きだったお花やご家族が贈りたいお花でお別れをしていただければとお話をしております。

ご費用の追加があるところ無いところはありますが、最後のお別れに好きだったお花で送ることはどこの葬儀社でも可能だと思われます。

頭の片隅にとどめられておいてください。

*ただし、季節や生花の流通状況によりご希望に添えない場合もあります。

「まちの小さなお葬式」白香苑のホームページはこちらから

斎場への持ち込みについて

よく受けるご質問です。
葬儀場への持ち込みのことです。

「生花スタンドを知り合いの花屋さんに頼んでいいですか?」
と、ご家族からご相談を受けます。弊社では
「どうぞご遠慮なくお知り合いにご依頼ください」とお答えします。

その後、その知り合いのお花屋さんからお電話があります。
「生花スタンドを持ち込ませていただきますが持ち込み料はおいくらですか?」と
弊社では持ち込み料は頂いておりません。

このように生花スタンドなどは持ち込みをお断りする葬儀社があります。
また持ち込み可能でも持ち込み料として1000円~2000円徴収する葬儀社が多いです。弊社では持ち込み歓迎、持ち込み料不要で対応しております。

また他にもお料理などの持ち込みも同様で、持ち込みが不可能なところもありますので、何かの理由でご依頼したい花屋さんや料理屋さんがある場合は、ご相談の際にご確認されるとよいでしょう。

「まちの小さなお葬式」白香苑のホームぺージはこちら

よくあるご質問

よくお聞きするご質問をいくつかご紹介いたします。
Q 深夜や明け方に亡くなったらどうすればいいですか?
A 24時間いつでもお電話ください。必要なお時間に対応いたします。
24時間年中無休をどの葬儀社でも掲げているので葬儀社側から見ると当たり前なのですが、お客様から見ると深夜や明け方の電話はご不安のようです。本当に何時でも対応いたしますし、ご心配事のご相談も深夜でも対応しております。

Q 葬儀代はいつお支払いすればいいですか?

A 特にいつまでというのはありませんが1か月以内にお支払いいただけると助かります。
実際には1週間程度でお支払いいただける場合が多いですが、弊社ではお客様のご事情により柔軟に対応しております。状況により複数回に分けてのお支払いにも対応しております。

様々なご質問を頂戴します。
またご紹介いたします。

「まちの小さなお葬式」白香苑のよくあるご質問ページはこちら