ご葬儀後(ご命日から)の流れ

ご逝去 ●通夜・葬儀を執り行います。
●葬儀終了後、ご自宅にご遺骨をご安置
矢印
ご葬儀後 ●ご葬儀当日または翌日にお寺に出向き、お礼参りをされる場合が多いようです。そのときにお布施を持参します。
●事情により初七日を葬儀当日に行われる方もいらっしゃいます。(お寺様によっては繰上げの初七日はお受けされません。また初七日をされる場合はご葬儀のお布施とは別に、初七日のお布施のご準備が必要です。)
矢印
7日目 初七日 ●ご葬儀時に初七日をされていない場合、初七日の法要を行います。ご家族だけでされる方が多いようです。
●初七日のお布施やご返礼品のご準備が必要です。
●お香典の整理、芳名カード、供花、弔電の整理
矢印
14日目 ●諸手続きや年金・健康保険証の返却、停止
●遺品整理の準備開始
矢印
21日目 ●お寺様と相談し四十九日法要の日程決定
●法要のお呼びする範囲と場所を決定し必要な方にご連絡します。
●位牌や仏壇仏具の手配
●香典返しの検討
矢印
28日目 ●香典返しのリスト作成
矢印
35日目 ●繰上げでご納骨をされる方は三十五日辺りが多いようです。
●香典返しの発注
●四十九日法要の出席者の確認
矢印
49日目 四十九日 ●四十九日法要(四十九日が平日でご都合がつかない場合、四十九日前の土日祝日にされる方が多いようです)
●香典返しの発送
矢印
初盆 ●お寺様に早めにご相談し、読経を戴くお盆の法要日程を1ヶ月前程度にお寺様に確認します。
●日程が決まりましたら必要な方へご連絡します。
●提灯やお料理、ご返礼品などの手配が必要です。特に提灯の手配は7月上旬までにされることをお勧めいたします。
矢印
一周忌 ●お寺様と相談し一周忌の法要の日程を決定し、必要な方にご連絡します。
●一般的に御仏前へのお供え、来ていただいた方へのお料理、ご返礼品などのご準備が必要です。
矢印
三回忌 ●基本的には一周忌と同様のご準備となります。