葬儀・葬儀後の流れ

※地域や風習によって、流れは異なります。

■ご不幸を迎えてしまったらご不幸を迎えてしまったら
「白香苑」までご連絡ください。
フリーダイヤル0120-500-094

専門のスタッフが24時間365日対応いたします。
依頼があれば昼夜問わず、すぐに病院・ご自宅へ伺います。

矢印

■搬送・ご安置搬送・ご安置
24時間体制でお迎えに上がり、ご指定の場所にご安置させていただきます。ご安置場所にお困りの際にもご相談ください。

矢印

■お打ち合わせお打ち合わせ
ご安置されて落ち着かれましたら、お打ち合わせをさせていただきます。

内容はお通夜からご出棺までの儀式に関する物や、お見えいただく方へのご準備、故人様へのご供養についてなど多岐にわたります。順を追ってご説明いたしますのでご安心ください。

ご費用面につきましてはこの場でお見積書をご提示いたしますので、内容、ご予算ともご納得いくまでご相談ください。

矢印

■お通夜お通夜
必要なすべてのお打ち合わせと諸手続きを完了して、お通夜式となります。ほとんどのお打ち合わせや諸手続きは弊社にてご案内や代行をいたしますのでご安心ください。

ただし、お通夜やご葬儀の開始時刻に関しましては、ご遺族と宗教者(お寺様など)のお打ち合わせとなります。
久留米市においては、お通夜の開始時刻は18時から19時が一般的です。

矢印

■ご葬儀ご葬儀
ご葬儀当日の動きはご家族によりさまざまですが、一般的にご葬儀の開式2時間ほど前にご親族にて「おとき」(お別れのお膳)をお召し上がりになり、最後に故人を偲ぶ時間を過ごされます。

30分前ぐらいに宗教者(お寺様など)がお見えになりますのでご挨拶いただき、10分前には式場にご着席、その後開式となります。

式終了後最後のお別れをしご出棺となります。

矢印

■火葬火葬
ご出棺後は、近親者にて火葬場へ参ります。
火葬場到着後2時間前後でお骨上げとなります。

久留米市の火葬場では、有料の個室待合室または無料の待合ロビーにてお待ちいただきます。

火葬場にはお茶のセットと自動販売機(ビール類はありません)がございます。別途、弊社よりコーヒーとおしぼりをお持ちしております。

矢印

■火葬後火葬後
火葬場からはご自由にお帰りいただくか、初七日や精進上げをされる方はその会場へ向かわれます。火葬後にお寺様へ御礼参りに伺わられる方もいらっしゃいます。

弊社からはご自宅にご遺骨のご安置と今後のご悦明に伺います。

矢印

■その後その後
ご葬儀後の諸手続きやご説明にお伺いいたします。またご必要ならば、お香典返しやお仏壇、お墓、遺品整理、相続などのサポートやご紹介もさせていただきます。

ご葬儀後の流れ

ご葬儀にすぐ必要なモノは・・・

ご葬儀を行うにあたり、取り急ぎ必要になるものは「お写真」と「印鑑」です。
お打ち合わせの際、担当者にお渡しいただけるとスムーズに進みます。

  • ■写真写真
    なるべく鮮明なお写真をご用意ください。
  • ■印鑑(シャチハタ不可)印鑑(シャチハタ不可)
    役所への手続きを行う上で必要になります。手続きは、当社の担当者が代行いたします。

下記をご用意しておくと、いざというとき安心です。ご連絡リスト(訃報の連絡をされる方の住所・氏名)宗教の確認(宗旨と宗派、宗教者様の連絡先)

ご葬儀後(ご命日から)の流れ

ご逝去 ●通夜・葬儀を執り行います。
●葬儀終了後、ご自宅にご遺骨をご安置
矢印
ご葬儀後 ●ご葬儀当日または翌日にお寺に出向き、お礼参りをされる場合が多いようです。そのときにお布施を持参します。
●事情により初七日を葬儀当日に行われる方もいらっしゃいます。(お寺様によっては繰上げの初七日はお受けされません。また初七日をされる場合はご葬儀のお布施とは別に、初七日のお布施のご準備が必要です。)
矢印
7日目 初七日 ●ご葬儀時に初七日をされていない場合、初七日の法要を行います。ご家族だけでされる方が多いようです。
●初七日のお布施やご返礼品のご準備が必要です。
●お香典の整理、芳名カード、供花、弔電の整理
矢印
14日目 ●諸手続きや年金・健康保険証の返却、停止
●遺品整理の準備開始
矢印
21日目 ●お寺様と相談し四十九日法要の日程決定
●法要のお呼びする範囲と場所を決定し必要な方にご連絡します。
●位牌や仏壇仏具の手配
●香典返しの検討
矢印
28日目 ●香典返しのリスト作成
矢印
35日目 ●繰上げでご納骨をされる方は三十五日辺りが多いようです。
●香典返しの発注
●四十九日法要の出席者の確認
矢印
49日目 四十九日 ●四十九日法要(四十九日が平日でご都合がつかない場合、四十九日前の土日祝日にされる方が多いようです)
●香典返しの発送
矢印
初盆 ●お寺様に早めにご相談し、読経を戴くお盆の法要日程を1ヶ月前程度にお寺様に確認します。
●日程が決まりましたら必要な方へご連絡します。
●提灯やお料理、ご返礼品などの手配が必要です。特に提灯の手配は7月上旬までにされることをお勧めいたします。
矢印
一周忌 ●お寺様と相談し一周忌の法要の日程を決定し、必要な方にご連絡します。
●一般的に御仏前へのお供え、来ていただいた方へのお料理、ご返礼品などのご準備が必要です。
矢印
三回忌 ●基本的には一周忌と同様のご準備となります。