「一般的なお葬式」と「家族葬」は似ているようで大きく違います

寂しいお葬式葬儀社によっては、一般葬の規模が小さくなったものが「家族葬」と捉えている会社もあります。

その場合はよくお聞きする「寂しいお葬式」となってしまうこともあります...。

一般的なお葬式は一般的なお葬式はお見えいただく方の数に差はあれ、ご会葬者をお迎えし、お参りいただくことを大切にしたお葬式です。ですからご家族には、故人と同様にお見えいただく方への配慮やお気遣いが必要です。

小さなお葬式は私たちの考える「小さなお葬式」や「家族葬」は、ご家族または故人とごく親しい方々が集い、故人とのお別れの時間を過ごすお葬式です。ですから必要な準備が少なくて済み、ゆっくりとした時間が多く、まるで集まっていただいた方と故人様との団欒のような時間の過ごし方となります。

そんな「家族葬」や「小さなお葬式」の特徴の一つは「ご会葬者中心ではなく、ご家族中心のお葬式」というところにあります。その最大のメリットは、ご弔問者への気遣いや接待に追われることなく、ご家族みんながそれぞれの気持ちやスタイルで故人へのお別れができるところにあります。

私たちは「まちの小さなお葬式」という「小さなお葬式」を専門に執り行う葬儀社です。
「小さなお葬式」や「家族葬」はあたたかく、故人を大切にしたお葬式にいたします。

「一般的なお葬式」と「小さなお葬式」の違いを比較してみました

項目 一般的なお葬式 小さなお葬式・家族葬
死亡通知 喪主様をはじめ、ご家族皆様で各方面に漏れがないよう注意して通知します。 お身内の方を中心に、お葬式の趣旨を伝えながら死亡通知を行います。
喪主様 ご親族間の調整やご連絡先の把握とご連絡、葬儀社との打合せ、ご弔問の方々への挨拶など、お忙しくなります。 ご弔問に来られる方は親しい方々なので、気を遣わずゆっくりと故人とのお別れや昔話ができる場合が多いようです。
ご家族 ご弔問の方々への挨拶や接待に追われてしまうことがあります。 ご弔問に来られる方は親しい方々なので、あまり動きまわることはありません。
ご費用面 通夜・葬儀の過程で追加費用が突発的に発生する場合があり、いつのまにか高額になることが多いようです。 項目がシンプルで、ご遺族のお考えに合わせて葬儀の組み立てができ、費用もわかりやすく突発的な追加も発生しづらいようです。
形式 お見えになる方に対する体裁や気配りを考えることが必要です。 故人を中心に考えることができます。
精神面 慌ただしく通夜、葬儀が過ぎていき、故人とのお別れが十分にできない場合も多いようです。 ご家族・ご親族・親しい知人のみのご葬儀で、時間的にも精神的にもゆっくりお別れができます。

よくお聞きする話で「家族葬」にするとあとで大変と言われる方がいらっしゃいます。もし「家族葬」をご希望される方でそのようなご心配をお持ちの方は、ぜひご相談ください。